レイヤーマスクの追加と使い方

  1. トップページ
  2. フォトショップの使い方
  3. レイヤーマスクの機能

Adobe Photoshop CS5(アドビ フォトショップ CS5)の使い方を理解するために、メニューバーのレイヤーに収録された機能を見てみたいと思います。

Photoshop CS5 レイヤーのレイヤーマスクのサブメニュー

レイヤーマスクとベクトルマスクについて - Photoshop CS5 ユーザーガイド

フォトショップのマスクとは、作業対象にしない範囲を覆って保護する機能です。

マスクを使って表示する領域と表示しない領域を細かく設定できますし、何度でも再編集可能です。

マスクには、レイヤーマスクとベクトルマスクがあります。

レイヤーマスクの追加 - Photoshop CS5 ユーザーガイド

レイヤーのレイヤーマスクとは、ビットマップ画像のマスクです。

Photoshop CS5 レイヤーマスクのすべての領域を表示

レイヤーマスクのすべての領域を表示とは、上の画像のようにレイヤー全体を表示するマスクを作成する機能です。レイヤーパネルやマスクパネルからも作成できます。

Photoshop CS5 レイヤーマスクのすべての領域を隠す

レイヤーマスクのすべての領域を隠すとは、レイヤー全体を隠すマスクを作成する機能です。マスクパネルの反転で切り替えることもできます。

Photoshop CS5 マスクの表示領域と非表示領域

上の画像のとおり、ホワイトの領域は表示され、ブラックの領域は非表示となります。レイヤーマスクサムネールを確認すると、マスクの状態がよく分かります。

レイヤーマスクの選択範囲外をマスクとは、選択範囲の外をマスクで非表示にする機能です。選択範囲をマスクは、選択範囲がマスクで非表示になります。

レイヤーマスクの透明部分をマスクとは、レイヤーの透明部分に基づいてマスクを作成する機能です。

Photoshop CS5 レイヤーマスクの削除や適用など

レイヤーマスクの削除とは、レイヤーマスクを削除する機能です。適用を選択すると、レイヤーで隠された部分は完全に削除されます。削除や適用を行うことで、ファイルサイズを小さくすることができます。

使用しないを選択すると、レイヤーマスクサムネールに赤のバツ印が付き非表示になります。

リンク解除は、レイヤーとレイヤーマスクのリンクの解除です。リンクを解除すると、それぞれを別々に移動することができるようになります。レイヤーパネルのリンクのアイコンからも操作可能です。

Photoshop CS5 マスクを使った合成前の写真

レイヤーマスクは、ペイントツールや選択ツールで編集します。

例として上の画像に、青空の写真を合成してみたいと思います。

青空のレイヤーを配置して「レイヤー」-「レイヤーマスク」-「すべての領域を隠す」を選択します。

ツールボックスからブラシツールを選択して、表示部分を作成します。

Photoshop CS5 ブラシツールでマスクの表示領域を作成

例として、写真の右上部分のみブラシツールで表示しました。その他の部分は、非表示のままです。

Photoshop CS5 ツールボックスの描画色と背景色の入れ替え

ツールボックスから描画色と背景色を入れ替えることで、ブラシで選択した部分の表示/非表示を切り替えることができます。

描画色が白の場合は表示され、描画色が黒の場合は非表示になります。

レイヤーマスクは、何度でもやり直しや調整が可能です。非破壊的な編集のため、元の画像が変更される心配はありません。

マスクのぼかし設定とグラデーションツールの使用

ブラシツールで表示部分(ホワイトの領域)を作成しました。

合成部分の境界線がハッキリしてしまったので、マスクパネルからぼかしの設定を行いました。続けて、ツールボックスからグラデーションツールに持ち替えて、合成部分の境界線にグラデーションを使用しました。

マスクパネルのマスクの境界線を選択すると、マスクを調整ダイアログボックスからエッジの検出や調整も可能です。

違いが分かりやすいかと思いブラシツールを使いましたが、選択ツールを利用した写真の合成も可能です。


スポンサード リンク


ベクトルマスクの使い方 へ進む

スポンサード リンク








著者 山崎優一



スポンサード リンク




Copyright(C)2009-2014 Cafi Net All Rights Reserved.