Zoomify(ズーミファイ)などの機能

  1. トップページ
  2. フォトショップの使い方
  3. 読み込みと書き出し

保存と別名で保存の続きです。Adobe Photoshop CS5(アドビ フォトショップ CS5)の使い方を理解するために、メニューバーの「ファイル」に収録された機能を見てみたいと思います。

Photoshop CS5 メニューバー「ファイル」を選択

Photoshop CS5 メニューバー「ファイル」の配置

配置では、写真・Illustrator(AI)ファイル・PDF ファイルなどを、ドキュメントウィンドウに配置します。

Photoshop CS5 メニューバー「ファイル」の読み込み

読み込みの変数データセットでは、データセットの読み込みを行います。「イメージ」-「変数」-「データセット」で表示される、変数ダイアログボックスの「読み込み」からも同様の操作が可能です。データセットの読み込み - Photoshop CS5 ユーザーガイド

Photoshop CS5 ビデオをレイヤーに読み込み

ビデオフレームからレイヤーは、ビデオのフレーム(連続表示される静止画)をフォトショップのレイヤーとして読み込みます。

「コマンドビデオフレームからレイヤーを完了できません。QuickTime 7.1 以降が必要です。」と表示される場合は、QuickTime をダウンロードして下さい。

注釈(ちゅうしゃく)は、注釈を含む PDF ファイルから、含まれている注釈すべてを自動的に読み込む機能です。注釈について - Photoshop CS5 ユーザーガイド

WIA サポートは、WIA(Windows Imaging Acquisition)を使用したデジタルカメラから、画像を直接読み込む機能です。

Photoshop CS5 メニューバー「ファイル」の書き出し

書き出しのデータセットからファイルは、データセットの値を使用して、画像をバッチモードで出力できます。

Illustrator へのパス書き出しは、フォトショップのパスを Illustrator(イラストレーター)のファイルとして書き出す機能です。

Photoshop CS5 Zoomify(ズーミファイ)を書き出し

Zoomify への書き出し - Photoshop CS5 ユーザーガイド

Zoomify(ズーミファイ)を利用すると、元の JPEG ファイルとサイズの変わらない画像を、ズームイン/ズームアウトやドラッグによる移動が可能なファイルとして簡単に書き出せます。

Zoomify(ズーミファイ)への書き出しをしたファイル

ファイルは、Web サーバーへアップロード出来るように JPEG ファイルと HTML ファイルで書き出されます。※画像の fish_img には、スライスされた画像が大量に入っています。

Photoshop CS5 Zoomify(ズーミファイ)の使用例

ユーザーは、ズームインやドラッグによる移動を使い、Web ブラウザでサイズの大きい画像の詳細を把握することができます。

Photoshop CS5 書き出しのビデオをレンダリング

書き出しのビデオプレビュー・ビデオプレビューをデバイスに送るは、ビデオモニターなどの表示装置で画像をプレビューする機能です。

ビデオをレンダリングは、ビデオをレンダリングダイアログボックスを利用して、QuickTime または画像シーケンスを書き出す機能です。


スポンサード リンク


ドロップレットを作成 へ進む

スポンサード リンク









スポンサード リンク




Copyright(C)2009-2014 Cafi Net All Rights Reserved.